平成30年度青南グループ入社式 (18/04/02)

 4月2日(月)、平成30年度青南グループ入社式が執り行われました。
 今年は、大卒6名、高卒14名の計20名の新しい仲間を迎えることができました。

2018年入社式.jpg

 入社式では、安東社長から「環境・リサイクルへの社会の意識は、今後、間違いなく日本においても重要性を増していきます。会社としても、そのことをしっかりアピールし、先頭を切って確実に進めていく戦略を取っております。青森県という北の端の会社が社会変革の先頭を切っていくのは大変なチャレンジかもしれません。1人ひとり前向きに、より積極的に取り組むことによって、会社が大きく変革する、会社の変革が社会を動かします。皆さんもぜひその一員として、これから一緒に頑張っていきましょう。これから宜しくお願いします!」と激励の言葉が贈られました。
 また、専務からは「皆さんが普段使用している物を壊し、それからまた素材に戻して、新しい製品を作るという特殊な業種ではありますが、とても面白い業界です。言われたことをこなすだけでは面白くありません。仕事の面白さ、仲間、先輩を見つけ、楽しんで仕事をして欲しいと思います。これからを楽しみにしています。宜しくお願いします!」とメッセージが贈られました。

 慣れないスーツに身を包んだ新入社員の皆さんは、とても緊張した様子でしたが、徐々に力強い表情に変わり、頑張っていこうという意識が込み上げてきているように感じられました。

 新入社員の皆さんは、基礎研修を受けたのち、大卒の方は1年間の実務研修に入ります。また、高卒の方は各配属先に移動し、実際に業務を行いながら多くの技術を身に付けていきます。

 新入社員の皆さん、これから青南グループの一員として、一緒に頑張っていきましょう。どうぞ、宜しくお願いします!