Archives

(株)青南商事 仙台支店 塩竈工場 建設工事の地鎮祭について (05/04/06)

平成17年4月6日、平成17年11月に宮城県塩竃市に完成予定の、弊社仙台支店「アルトレック塩釜」、「塩竃工場」の建設地鎮祭を執り行いました。

「アルトレック塩竃」は平成16年6月完成の「アルトレック矢巾」、平成16年12月完成の「アルトレック青森」、平成17年5月完成予定の「アルトレック酒田」に続く弊社4番目の最新鋭の大規模自動車リサイクル工場で、年間取り扱い台数は最大約30,000台を予定しております。

「塩竃工場」は「アルトレック塩竃」で解体された廃自動車を含む解体自動車を年間50,000~60,000台、その他鉄・非鉄スクラップ、廃プラスチック類等の廃棄物を取り扱う工場です。この工場で発生する鉄非鉄スクラップは、近隣の塩竃港を活用し、国内外へ出荷いたします。

弊社仙台支店は昭和62年より仙台市において鉄・非鉄スクラップ事業、廃自動車等の廃棄物の破砕選別を行っておりましたが、今回、塩竃市に仙台支店の破砕・選別プラントを移設し、廃自動車の解体工場を新設することとなりました。

「アルトレック塩竃」の解体工場と「塩竃工場」の破砕・選別工場が同じ敷地内で、連結していることにより、より高度な解体、中古部品のリユース、解体自動車のマテリアルリサイクルが可能となります。又、この工場で最終的に残渣として発生するASR、廃油、廃液はグループ内の青森リニューアブル・エナジー・リサイクリング株式会社でサーマルリサイクルされます。青森リニューアブル・エナジー・リサイクリング株式会社はASRリサイクル施設としての指定をすべての自動車メーカーより受けている工場で、青南グループの解体、破砕・選別工程を経て発生したASRはすべてこの施設でリサイクルされ、自動車リサイクル率の2015年目標である95%以上を既に達成しております。

また、「アルトレック塩竃」、「塩竃工場」についての詳細は下記のとおりです。

 

●「アルトレック塩竃」、「塩釜工場」の詳細について

名称株式会社 青南商事 仙台支店
「アルトレック塩竃」

「塩竃工場」

土地面積30,935㎡
建屋面積12,676㎡
年間取扱量
① 鉄非鉄スクラップ45,000t

(廃自動車リサイクルの過程で発生するものを含む)

② 産業廃棄物22,000t

廃自動車
    使用済み自動車アルトレック塩竃-30,000台

    解体自動車塩竃工場    -60,000台

(アルトレック塩竃で発生する解体自動車を含む)

主要設備
「アルトレック塩竃」

燃料、廃液、廃オイル回収装置
同地下タンク
フロン回収機
廃自動車用リフター
自動部品倉庫システム
車体自動反転機
油水分離設備
タイヤ切断プラント
その他
「塩釜工場」

プレシュレッダー
1500馬力メインシュレッダー
大型磁選機
非鉄高度選別プラント
他各種荷役機器