菅原一剛 写真展 DUST MY BROOM
2011年2月2日(Wed)~2月7日(Mon)
10:00~17:00
東北大学百周年記念会館 川内萩ホール 2階会議室
入場無料
主催=東北大学大学院国際文化研究科国際環境システム論講座/株式会社青南商事
後援=駐仙台大韓民国総領事館/河北新報社/TBC東北放送/仙台放送/ミヤギテレビ/KHB東日本放送
協力=strawberry pictures inc./ソフトバンククリエイティブ株式会社/アシアナ航空株式会社仙台支店
お問合わせ=菅原一剛写真展「DUST MY BROOM」事務局 017-776-4351
Information
「DUST MY BROOM」をめぐる
トーク&ディスカッション
出演=菅原一剛(写真家)、劉庭秀(東北大学准教授)安東元吉(株式会社青南商事代表)
2011年2月6日(Sun)14:00~15:30
東北大学百周年記念会館 川内萩ホール 特設会場
参加無料
DUST MY BROOMについて
テレビや自動車、空き缶や紙くずなど、ゴミとして回収された膨大なモノたち。身の回りに存在した記憶もろとも、ゴミは徹底した粉砕と手作業による分別処理を経て、そのほとんどが「資源」として再生します。撮影は青森県弘前の青南商事(撮影協力)で行なわれ、6年が経過した現在でも進行中です。
写真展のタイトル『DUST MY BROOM』は、スライドギターの名手、エルモア・ジェイムスの代表曲です。本来は「ほうきの埃を払う」という意味ですが、ブルーズの中では、さまざまなシーンで「やり直す」ことの比喩として歌われています。

「青森県弘前にあるリサイクル工場・青南商事の本社を初めて訪れた時、そこで目にしたのは、とてつもなく大きなゴミの山でした。はじめはその質量に、ただただ圧倒されましたが、やがてその大きなゴミの山は、実はぼくたちの身の回りにあったものがほとんどであることに気が付きました。本来なら、こんなにもたくさんのゴミを生み出して日々の生活を送っていることに問題意識を持つべきかもしれません。しかし、ぼくは不謹慎にもその姿に“かっこいい”とか“うつくしい”と感じていました。そのことに若干ためらいながらも、それを大きく上回る好奇心とともに、そんなゴミの山を夢中になって撮影しました。」(菅原一剛)

膨大なゴミの存在に、私たちは当事者として関わっていて、常に解決したいと感じています。ゴミは発生せずにすんでいたモノかもしれず、できることなら自らの手で再生したり、あるいは適切なかたちで自然に戻したいと望むからでしょう。しかし、いまやゴミは完全に個人の手を離れ、普段は目にすることのないリサイクル工場の内部に取り込まれていきます。その“ゴミ箱の向こう側”で起きている光景を見るとき、私たちは不思議な爽快感と美しさを感じることになります。

「ゴミは過去の時間の中に葬り去られ、捨てられたものたちではあるのですが、そこに思いとともに工夫を重ねることで新しいものが生まれることを知りました。だからこそぼくは、きっとこれからも、“DUST MY BROOM”の中から、たくさんの新たに再生する力を発見できるのではないかと楽しみにしているのです。」(菅原一剛)
国立大学法人東北大学大学院国際文化研究科国際環境システム論講座
株式会社青南商事共同研究プロジェクトについて
国立大学法人東北大学大学院国際文化研究科国際環境システム論講座―株式会社青南商事共同研究プロジェクトについて 国立大学法人東北大学大学院国際文化研究科国際環境システム論講座と株式会社青南商事はリサイクルに関する共同研究プロジェクトをスタートします。

青南商事は東北全県に工場を持ち、自動車、金属スクラップ、容器包装廃棄物をはじめとして多様な廃棄物のリサイクルを最先端の技術で行っているリサイクル企業です。
特に廃自動車のリサイクルでは東北で発生する廃自動車の約65%をリサイクルしています。

共同研究プロジェクトでは、青南商事のもつ様々なリサイクルプロセスにおける環境影響及び経済性評価を実施し、各リサイクル工程の改善、環境ビジネスモデルの見直し、環境影響、経済性の数値化、リサイクルを通した社会貢献モデルの提案などリサイクルに関する様々な分野の研究に取り組んでいきます。
菅原一剛(Ichigo Sugawara)
1960年生まれ。
大阪芸術大学芸術学部写真学科卒業後、早崎 治氏に師事。フランスにてフリーの写真家として活動を開始し、数多くの個展を開催すると同時に広告写真及びコマーシャルフイルムなども手掛ける。
撮影監督を務めた映画『青い鳥』は、1996年ベルリン国際映画祭にて正式招待作品として上映された。
2005年にはアニメ『蟲師』のオープニングディレクターを務めるなど、その活動は従来の写真の領域を越え、多岐にわたる。
2004年にはフランス国立図書館に作品10点が収蔵、2010年にはサンディエゴ写真美術館に作品が収蔵された。2005年6月、ニューヨークのPace/MacGILL Galleryにおける『Made in the Shade』展にロバート・フランク氏らとともに出展。
2009年にはTOKYO CULTuART by BEAMSにて個展『DUST MY BROOM』を開催。2010年12月にはニューヨークにおける初の個展「The Bright Forest」がSous Les Etoiles Galleryにて開催された。
また、2011年3月には、ソウルTrunk Galleryで個展を開催する。近書に「写真がもっと好きになる。」(2008年5月ソフトバンク・クリエイティブ刊)がある。
交通案内
東北大学百周年記念会館 川内萩ホール
〒980-8576 宮城県仙台市青葉区川内40 
Tel. : 022-795-3391

■バスをご利用の場合
○仙台駅前9番のりばより 「宮教大・青葉台行」
または「青葉通経由動物公園循環」乗車 「東北大川内キャンパス・萩ホール前」下車(乗車時間約15分)徒歩3分
○仙台駅前16番のりばより 「広瀬通経由交通公園・川内(営)行」
または「広瀬通経由交通公園循環」乗車 「川内郵便局前」下車(乗車時間約15分)徒歩7分

■タクシーをご利用の場合 ・仙台駅から約10分
■駐車場   ご利用時間9:30~17:30(無料)